忍者ブログ

L・O・H・A・S な生活

はじめる事は変わること・・・日々ナチュラルに
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/30 じゅりび]
[09/15 リティママ]
[09/14 インディーママ]
[08/29 リティママ]
[08/26 じゅりび]

05.26.10:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/26/10:37

12.05.11:13

対岸○彼女

昨日は一人でお留守番だったので(笑)
先日買った「対岸○彼女」を一気に読破した。
角○光代作品の中で一番気になってた小説で
やっと文庫化したので手に入れた。(笑)

この本は30代・40代の女性だったら一度はぶち当たるで
あろう壁をいかに乗り越えるかを共感しながら一気に読めた。
が・・・それとは別に違う寂しさも沸いてきた。
作者はこんなことを意図してるわけじゃないのわかってるいるが・・・
やはり女性は社会に出ることが人生を変える、輝かせる
ことにつながるのか!?
そのことが頭の中をグルグルと駆け巡った。
これは私の中での永遠のテーマでジレンマでもある。
家庭の中ではそれは無理なのか・・・
社会に出てる人が輝き、家庭にいる人、しかも同居は暗くて悲しい
これが世の中のイメージなんだろうと勝手に思ったり(苦笑)
・・・と、ちょっと暗い気持ちにもなったが
でも、結局はどんな場所に居たって、前に進むしかないのだ。
私は私でAちゃんにもBちゃんにもなれないのだから・・・
前へ進もう!

この本、バイオリズムが低迷気味の私にドンピシャの本だったってことかもね(笑)

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

同じく・・・
2007年12月05日水

きこちゃん こんちぃ~☆
マヨはぜひぜひ、ハーフでね(笑)

「対岸●彼女」まだ読んでいませんが ふむふむ、私も最近よく考えている内容みたいだわ~。読んでみよう♪
社会にでていないと取り残される感がいっぱいで たまにブチっと一人で切れてます(汗)先日も確定申告の書類を書いていて 自分の欄は収入ゼロ(-。-;)って書かなくてはならず なんだかなぁ~と思っちゃったし。
角田さんの本では 「8日目の蝉」を先日読みましたよ。こちらは自分には現実的にありえないと思ったけどね。 

↓ソンバーユのお試しセットを取り寄せ中(笑)
早く使ってみたいわぁ~。  




  • toshiko
  • 編集

そうなのよね。
2007年12月06日木

女は社会に出てる人が輝いて・・・って、世間のイメージってどうなんだろうね?
確かに、専業主婦で子育て真っ最中の人の中には、
この方どこの星から来たのかしら?って思う人もいるんだけど、
そうじゃない人もいっぱい知ってるし、
仕事持ってても、愚痴不満ばっかりでお友達になれそうにない人もいるしさ。
やっぱり人間性の問題だよねぇ。

私は恩田陸にハマッてしまって、文庫版読破しました。
20代の自分じゃ絶対に読まなかったなぁって思いながら・・・
何か衝撃的な出来事が起こらなくても、
平凡な日々の繰り返しでも毎日を楽しみたいよね。


りこちゃんへ
2007年12月07日金

りこちゃん、こんち~。
で、ハーフ了解!(^_-)-☆

そうそう、日々生活してて、毎日感じることじゃないけど
時折、「私って取り残されてる!?」って思うことあるよね。
社会に出れば、それでその心の穴が全て埋まるってもんじゃないことも分かてるしね。
ないものねだり・・・ってことなのかもね。

この対岸○彼女は、そんなとこもひっくるめて(笑)
なかなかおもしろかったよぉ。
りこちゃんも読んでみてねん。

ソンバーユ、りこちゃんにも合うといいなぁ。

ゆきえさんへ
2007年12月07日金

ゆきえさん、はろ~。

雑誌とかでも、社会に出て輝き始めた!みたいな記事って
よくみるじゃない。
そんな記事を目にすると、何故か心がジタバタします。(^^ゞ
それに女性の目から見た家庭に居る人がダメみたいな記事は
「女性の敵はやっぱり女性!?」とかって思うよね(笑)

専業主婦だからとか働いてる女性だからとかって思うことないんだよね。
ゆきえさんが言うように「人間性」だよねぇ。
ゆきえさんの言葉に元気出てきた♪ありがとうねぇ~。

恩田陸は読んだことないんだよね。
私、作家に偏りがあって(^^ゞなかなか新しい人にはトライできなくて。
ゆきえさんお勧めの恩田陸、今度読んでみるね。

毎日を楽しむ♪・・・ホントそうだよね。v(^^)v



TRACK BACK

トラックバックURLはこちら